2010年 03月 11日

融資金名目で1億超詐取=東電への売掛債権を偽装―容疑で会社社長再逮捕・警視庁(時事通信)

 東京電力への売掛債権があるように偽装し、融資金をだまし取った事件で、警視庁捜査2課などは6日、詐欺容疑などで、コンサルタント会社社長松本一輝容疑者(51)=起訴=を再逮捕した。
 同課によると、容疑を否認し、「融資は受けたが、だましていない」と供述。今回の事件も含め、6社から計約8億円を詐取した疑いがあるとみている。 

【関連ニュース】
撲滅月間の振り込め110件=警察名乗るカード詐取増加
上司と共謀、生活保護費詐取=450万円、元運転手逮捕
カード詐欺容疑で中国人逮捕=組織トップからの伝達役か
教材販売会社社長ら5人逮捕=内職あっせん名目で詐取
「金地金買った」と詐欺=計1560万相当被害か

<裁判員裁判>「胸締め付けられる」無期判決の裁判員が吐露(毎日新聞)
キャンピングカーでプチ旅行 釣りや天体観測…コスト抑え手軽に(産経新聞)
船形山遭難事故 男女3人が自力下山(産経新聞)
舛添、河野氏「人心一新」促す(産経新聞)
「記者会見は全面開放すべき」 新聞労連が大手マスコミに提言(J-CASTニュース)
[PR]

by jvapr9ugom | 2010-03-11 09:12


<< 【近ごろ都に流行るもの】猫毛フ...      小沢氏、内閣・民主支持率低下で... >>