2010年 01月 22日

谷垣氏も首相と小沢氏追及へ 自民、集中審議開催要求(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は18日午前、国会内で開かれた党両院議員総会であいさつし、「この国会は、臥薪嘗胆の日々を送ってきた自民党が国民のために何をしてくれるかが問われる。論戦の前提として信なくば立たずだ。鳩山由紀夫首相と小沢一郎民主党幹事長の周辺で逮捕者が続出するのは異様な事態だ。しっかり追及する」と述べ、通常国会では首相や小沢氏の「政治とカネ」の問題を当面の最優先課題として取り組む決意を示した。

 続く代議士会では、川崎二郎国対委員長が、衆院予算委員会で政治とカネをめぐる集中審議の開催を要求していく方針を表明した。

【関連記事】
小沢氏問題で谷垣氏、逮捕者続出の民主に苦言
石川議員逮捕で勢いづく自民 「その先にある大きな闇の解明を」
自民・谷垣氏「手段尽くし解明迫る」 小沢氏側への捜索で
自民・谷垣氏「菅氏の『分からない』は許さない」
谷垣総裁も山崎氏公認に慎重姿勢 自民、70歳定年ルールが基本

阪神大震災モニュメント回り追悼サイクリング 神戸(産経新聞)
普天間の下地島移設、宮古島市議会が反対意見書(読売新聞)
国家再生砕いたハイチ大地震 育成の警察部隊が雲散霧消(産経新聞)
<大茶盛>初釜に歓声 奈良・西大寺(毎日新聞)
「しっかり説明を」=小沢氏に−前原国交相(時事通信)
[PR]

by jvapr9ugom | 2010-01-22 10:07


<< <読売テレビ>「鳥人間コンテス...      橋下知事、「民主党の地方分権発... >>