漁師の仕事はプライドが大事!

v77bmviq.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 28日

5月から市町村ごとに発表=気象庁の警報・注意報(時事通信)

 気象庁は21日、大雨や洪水などの警報・注意報を5月から計約1780の市町村単位で発表することを明らかにした。現在は都道府県を幾つかに細分化し、全国計374の地域ごとに発表しているが、住民が自分の住む市町村が警報・注意報の対象かどうか、すぐに分かるようにするため。
 集中豪雨などの局地的な現象が発生した際に、より的確に対象を絞って警報・注意報を発表したり、大規模な現象が起きてから時間が経過した際に、早めに解除したりする上で効果的という。
 一方、発表の分量や回数が増える問題もある。テレビやラジオで警報・注意報が報道される際には、引き続き現在の地域ごとに伝えられる場合がある見込み。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

政府、ハイチに援助隊派遣決定(産経新聞)
「政治とカネ」解明に全力=自民全国幹事長会議−谷垣総裁(時事通信)
神社撤去 最高裁、過去の基準は「目的効果」(産経新聞)
財務省改革でチーム設置=4月までに具体策提言−菅財務相(時事通信)
足利再審で22日再生された録音の抜粋<1>(読売新聞)
[PR]

by jvapr9ugom | 2010-01-28 10:01


<< 初の意見交換は平行線…国交相と...      乗客に偽ルイ・ヴィトン販売=容... >>