2010年 02月 08日

<京品ホテル訴訟>元従業員と和解、金銭的解決で合意(毎日新聞)

 廃業したJR品川駅前の老舗ホテル「京品ホテル」(東京都港区)の元従業員46人が、ホテルを相手に従業員としての地位確認を求めた訴訟の和解が、東京地裁で成立していたことが分かった。和解は1月29日付。原告側によると金銭的解決で合意したといい、「勝利的な和解内容」と評価している。

 ホテルは08年5月、経営悪化などを理由に廃業を決め、従業員約130人に解雇を通告。原告らは同10月、民事再生法の適用申請による再建など廃業以外の選択肢があるとして、解雇は不当と提訴していた。

 元従業員らは解雇通告後も独自にホテルの営業を続けていたが、東京地裁が09年1月、建物明け渡しの仮処分命令を出し強制退去させられていた。【伊藤一郎】

ダンピング競争慎んで 前原国交相が日航に苦言(産経新聞)
途上国に太陽光ランタン、日本のNGOら寄贈(読売新聞)
ベルマーク50周年 AED購入や「実験教室」利用も(産経新聞)
<機能性胃腸症>異常がないのに続く胃の不調、心理面との関係も深い(毎日新聞)
大久保被告が保釈請求(産経新聞)
[PR]

by jvapr9ugom | 2010-02-08 02:47


<< コインパーキング 精算機また盗...      土壁塗りに小学生挑戦 練馬区立... >>