2010年 02月 18日

「普天間」緊密に連携を=沖縄知事と初会談−稲嶺名護市長(時事通信)

 沖縄県名護市の稲嶺進市長は16日、市長就任後初めて仲井真弘多知事と会談した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題で、市長は「難しい局面では相談させてほしい」と要請。引き続き県と市が緊密に連携を取り合うことを双方が確認した。
 稲嶺氏は1月の市長選で、同飛行場を名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部へ移設する現行計画に反対の立場を表明し、初当選。これに対し仲井真知事は、現行計画を事実上容認しつつ、より沖合への移設を求めている。 

うつ病自殺、上司言動が一因と認める判決(読売新聞)
鯨肉窃盗、無罪を主張=グリーンピース2人初公判−青森地裁(時事通信)
【from Editor】「一票の格差」なくすには(産経新聞)
圧倒された菅氏「冷静な与謝野氏の言葉とは思えない」(産経新聞)
<将棋>王将戦七番勝負第3局 静岡県掛川市で始まる(毎日新聞)
[PR]

by jvapr9ugom | 2010-02-18 11:42


<< 【党首討論】「小沢氏は国民に説...      北沢防衛相「きちんと本人が身の... >>